私とインターネットとの関係

インターネットが普及してからは田舎暮らしでも欲しいものもわざわざデパートにいかなくても手に入ったり、オークションなどで安く手に入れたりできるようになり、とても便利です。
子どもが生まれてから育児でどこも出かけられないことがストレスで、そんな私のストレスを軽減させてくれたのがインターネットでした。
とりあえず欲しいものは買い物かごに入れておくのです。そうすると、次に時間が経ってから見るとそれほどほしくなくなっていたりするものです。ストレスから買い物に走っているときは、ちょっと衝動的になっていてどうしても手に入れたくなってしまいがちです。しかも、ネットにはいかにも良いことばかりが羅列してあったりして、ポイントがたくさんたまるとか、あと数時間は優待価格などといって誘惑されがちです。実際に電話や訪問のセールには引っかからない自信があるのにネットだと不思議ですよね。私も何度もその衝動に負けて、買うなら今しかない!とポチっとやってしまって到着した時には欲求が冷めていたということを経験しました。
インターネットを利用するときはその情報にばかり惑わされないように「とりあえず買い物かごへ入れる」という方法はおすすめです。
ショッピングだけでなく、私はSNSを通じ、昔ホームステイしていた先のホストファミリーと再会したり、恩師とつながったりと嬉しい出会いもあります。インターネットが普及していないときには国際電話を使ったり、手紙を書いたりしていましたが、やはり段々と疎遠になっていました。けれど連絡を取りたいと思い立った時にすぐに連絡が取れて、世界どこでも繋がれるインターネットというのは本当に画期的です。
私にとってインターネットは切っても切れない関係で、なくてはならない存在です。

Leave your comment