インターネットの歴史

私がパソコンを使い始めたのは、もう25年以上前になります。中学生の時にPC-6001のマシンでBASICを打ち始めたのが始まりでした。それから、数年後MSXというマシンが出ました。そこから、初めてのパソコン通信をしました。パソコン通信なんて、今の若い方は知らないかもしれませんが、インターネットの草分け的存在です。そこで、はまってしまい、月に電話料金が20万円になってしまって、学生だった私は親にそうとう怒られました。当時は、定額制なんてありませんでしたから。深夜使う分が割安になっていて、みんな徹夜していたものです。それから、ISDNが始まって、当時はISDN64KBで超高速!なんて言ってました。この頃ですね、携帯が出て来て、携帯でもインターネットができるようになりました。当時は、動画ひとつダウンロードするのも苦労とお金がかかったものです。そのあとADSLが誕生し、定額制になり、現在ののインターネットに近くなりました。私のところは、ADSLで7M出てましたから。
インターネットを使っていて思うのは、いつもワクワク感がありました。何か、希望がある気がしていました。どうです、当時オタクと馬鹿にされていた人たちは、最先端の先駆者と見られましたし(オタクしかパソコン使ってなかった)、今やネットビジネスで成功して全然違う人生を歩んでいる方もいます。あの時感じた、希望やワクワク感が形になってきています。インターネットにはまだまだ可能性があります。次は、どんな驚きが待っているのか、楽しみです。

Leave your comment